ティーンズなう

新年度から新しい何かを始めたい。
自分の成長のためにいろいろな場所へ出向いて様々なことを勉強したい。
自分のスキルが上がるだけでなく、視野が広がり多くの考えを持てるということを。

デザイン思考を用いて中高生の発想力・実践力を育み、 アイディアプロトタイプを競うコンテスト『Mono-Coto Innovation』 地方予選から勝ち上がったチームが、東京で行われる決勝で企業と共に創り上げたプロトタイプを手に、 シリコンバレーツアーをかけて渾身のプレゼンテーションを繰り広げます。

普段生活しているなかで、こんなことを思ったことはないだろうか。
「ここで起きているこの問題、解決したらみんな喜ぶだろうな」「もしこんなことができたら、みんながもっと楽しく暮らせるだろうな」
その想いに気づき、その想いを叶えるために計画し、実行する。それが自分だけのMy Project。今、その輪は全国に広がっているーー

学校の授業楽しい? 何で勉強してんの? その疑問に答えてくれる先生はいるだろうか。 同じ疑問を持ってる十代、君の考えが聞きたい。

「大学入試シリーズ」(通称“赤本”)で知られる教学社が行っている受験にまつわるエピソードや受験への想いのこもった川柳を募集する「受験川柳」。昨年に引き続き2回目の募集が行われた。 現役受験生の他にもかつての受験生などから応募された句の中から優秀賞(一句)、高校生特別賞(一句)、佳作(五句)の七句が選定された。

初めまして!京都の高校に通っている高校3年生の柳田結人と申します。
私は、社会起業家となり「やりたいことができない人を世界から1人でもなくしたい」ことが夢です。
そこで、今年1月下旬からの1ヶ月間、フィリピン・ブラカン州の企業にインターンシップとしてソーシャルビジネスの勉強をしに行くことを決めました。
実現のために、渡航費用やインターンシップにかかる費用をクラウドファンディングで集めたいと思います。クラウドファンディングは個人への募金のようなものですが、私は帰国後も自分の活動を継続的に発信していき、このプロジェクトでしか得ることの出来ないリターンを提供していきたいと思います。

1月29日(日)旭川市議会で開催される一風変わった取り組み。議会って何かつまんなさそう。政治って堅いイメージ。そんなイメージを払拭するのが今回レポートする「旭川34人のワカモン議会」。「旭川34人のワカモン議会」を通して、 議員・議会とは何か。 旭川で今起きている問題とは何か。 まちづくりとは何か。 ワカモン自らが当事者として考えることで、同世代のワカモンに広め課題意識を持ってもらうことが最大の目的。

旭川の高校生が、「旭川の魅力をもっと発信したい!!」と結成した市民団体あさひかわネットが中心となり、今年2月にあさひかわネット( asahikawanet.org )がスタートします!!
私たちの街は私たちが元気にする!!そんな想いが溢れるサイトです!!

2016年も終わりに近づく中、今注目を集めつつある学生団体TK(とかち高校生)部をクローズアップ。部員は全員高校1年生以下なのに、7月に発足してから5か月で地元の役所の大人たちとプロジェクトを進めようとしていたり、地元中学校とも協力していたり・・・なんかスゴイ!!

今年で5年目となる「高校生のための起業家講座 NES」。著名人による講座や、課題を乗り越えていくグループワークを通じて、自らプロジェクトを立ち上げ、実行し、未来にGood Impactを与えられる人材へと成長できるプログラム! クリスマスにはプレイベント開催! 学校生活ではできない学び、経験、成長を求める中高生の皆さん、ぜひご参加あれ!